チチガ対策

わきがやチチガの臭いが止まらない! ワキガ・チチガ臭を簡単に抑える対策とは?

黒人100%、欧米人80%、日本人10%、中国人3%が「わきが体質」だと言われています。
日本だと10人に1人の割合でわきが。満員電車に乗ったら、1車両に7、8人くらいはわきがの人がいる計算ですね。

 

しかし、体感ではそれほど頻繁に臭いを感じません。なぜなんでしょうか?

 

それは、わきが臭のケアしている人が多いからです。
わきが臭はケアすることで、かなり防ぐことができるんですね。

 

最近ではワキガだけではな、ちちわきが(チチガ)と呼ばれる
乳輪付近のワキガ臭に悩んでいる人も多いようです。

 

ワキガ・チチガ以外にも、
お股(陰部周辺)からワキガ臭を発生するすそわきが(スソガ)というのもあります。

 

日本人は特に臭いに敏感な人種なので、
わきがで悩んでいる場合はしっかりと対策をしましょう。

 

わきが臭対策にお勧めの方法

わきが・チチガ・スソガの対策は、基本的には同じです。
毎日入浴をすることはもちろん、臭いを発生する場所を清潔に保つことです。

 

臭いを発生する場所は汗をかく場所でもあるので、
汗をかいたら消臭ウェットシートなどで拭き取るのもいいでしょう。

 

毛を少なくすることも効果的です。
男性でも脇毛等を剃ることで、臭い対策の効果があります。

 

 

あとは、もっとも効果の高いと言われている、デオドラントを使うことです。

 

デオドラントにはラポマインというジェルのようなクリームがお勧めで、
一度塗ると一日中ワキガ臭の臭いをしっかりと抑えてくれます。

 

Lapomine

 

ラポマインはチチガにもスソガにも使用することができるので、
ワキガ臭で悩んでいたらまずはこのラポマインを使ってみてください。

 

女性のためのわきが専用デオドラント【ラポマイン】

 

これらの対策は臭いを抑える対策であって、
わきがを完治させる対策ではありません。

 

ですので、もしわきがの完治をしたいのであれば、
ワキガ臭の原因でもあるアポクリン汗腺を破壊する手術をする必要があります。

 

手術はやはり傷痕が残ったりもするし、何より費用が高額です。

 

簡単に手術しましょうと言えるようなものでもないので、
手術するか悩んでいる場合はまずは医師と相談しましょう。

 

医師にワキガで悩んでいると言って調べてもらっても、
わきがではないと言われることもあるようです。

 

臭いに敏感になっていて「自分はワキガだ」と思い込んでいる人もいるようなので、
手術をするまえは必ず相談してからにしましょう。

 

 

チチガ対策